日常こそが、非日常【6万円台の途中まで雨に濡れずに帰れる物件】

最終更新日:2014/02/11
IMG_1811
大変申し訳ございません。
この物件は成約済みとなります。

変わらない。わけがない

IMG_1779

むかしむかし、あるところに……。おとぎ話はなんの変哲もない日常から生まれる。

目覚ましが鳴る。突如騒ぎ始めた時計の音によって、ぼんやりした意識が段々とはっきりしてくる。

眠い目をこすり、大きく伸びをする。顔を洗って、歯を磨いて、髪を梳く。

お気に入りのお洋服に袖を通して外に出る。いつも通りの朝である。

そんないつも通りの朝のつもりで、もしかしたら今日は何かが違うかも。いつもよりずっといいこと、起こるかも。

IMG_1728

高円寺駅から東西に伸びる高架線。真下を歩くと列車の車輪が、気持ちよくレールの継ぎ目を滑っていくのがわかる。

雨の日でも、途中までは濡れずに帰れるね

雨の日でも、途中までは濡れずに帰れるね

IMG_1860IMG_1862

「無駄」がないから「ムラ」もない

IMG_1846

居室自体はいたってシンプル。なんの変哲もない部屋である。でも毎日の暮らしの中心が、奇を衒った場所である必要はない。使いやすさを考えたら、このくらいが妥当であろう。

IMG_1854

IMG_1840

ガスコンロは自分で好きなものを買ってこよう。

IMG_1833

お風呂とトイレは一緒だけれど、掃除はとっても楽である。

IMG_1836

よくあるタイプの収納は、なんだかんだ使い勝手がいいんだよなあ。

IMG_1852

シンプルであることは決して悪いことではない。極論を言ってしまえば、無駄なものが一切ないぶん、自分色に染めやすいということだ。足りないならば、生み出して補ってしまえばいい。ただそれだけのことなのだ。

「普通」という「ものさし」を持っているからこそ、「おもしろいこと」に敏感になれる気がする

「普通」という「ものさし」を持っているからこそ、「おもしろいこと」に敏感になれる気がする

赤提灯に誘われて

IMG_1720

あたりが暗みはじめると、ぽつりぽつりと赤提灯に灯がともる。
帰り道の高架下は、高円寺でも有名な飲屋街。賑やかな声と、笑い声。美味しそうな匂いの中で、ビールの泡がはじけて煌めく。
赤提灯の誘惑は極めて強力だ。ちょっと寄り道してみたら、おもしろいことが起こるかもしれない。
まっすぐお家に帰るなら、一本ちがう道を入ってみるだけで新しい出会いがあるかもしれない。

そうやって日々は形を変えていく。変わらないようでいて、毎日あたらしい物語が紡がれていくのだ。

「あしたはもっといい日になるよ」

「あしたはもっといい日になるよ」

[ライター:東後藤綾香 モデル:中村つぐみ]

物件情報(こまかめ)

物件名
  • エステートピア高円寺
所在地
  • 東京都杉並区高円寺北4丁目
賃料 --- 管理費 ---
間取詳細
  • 洋6.5
階/階建て
  • 1階/2階建て
構造
  • 木造
駐車場有無
保険
  • 加入有
保証人
現況 居住中 取引態様
  • 一般媒介
入居時期
  • 即時
契約種類 普通契約 2年
物件コード
  • 029
条件
設備
  • 室内洗濯機置場、照明器具、ガスコンロ設置可、エアコン
備考

物件のある大体の場所

問い合わせ

ちょっと他の用事で問い合わせしたいんですが
Concent不動産では2種類のお問い合わせフォームを用意しています。一目惚れした物件がある場合はオレンジのお問い合わせを、もうちょっと冷静に進ませたい場合は熱量低めのグリーンのお問い合わせへ。